suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

プラバン入門|絶対いるもの、あったらいいもの

スポンサーリンク

プラバンの入門編として、最低限準備したいもの、

なくてもいいものをあげていきます!

揃えようと思ったら手軽なプラバンでもたくさんの道具が欲しくなってしまいます。

長く楽しめる趣味ですが、最初はできれば最低限の道具で低予算で始めたいですよね。

プラバンは手軽だけど、実は道具の種類が多い

プラバンアクセサリー作りと研究を3年以上続けていますが、

気づけばたくさんの道具が集まりました。

総計で数万円はしていると思います。

 

そんな私も、最初は数百円程度からプラバン工作をはじめました。

あれもこれもと気になる度に少しずつ買い揃えていたら、
たくさん道具が増えましたが、最初はちょっとの道具、
低予算で始められるのもプラバンのいいところ。

 

布を使う手芸より手軽です。

絶対いるもの

  • プラバン
  • 何か書くもの

以上!(笑)

 

オーブントースター、はさみ、分厚い本、穴あけパンチはたいてい家にあると思うので、なければ用意してください。

使いやすくて安価なオーブントースターと上手に焼く方法をまとめた記事もどうぞ。

www.suisuisuizoo.com

アクセサリー金具、ブローチピンなどは、作りたいものに必要なら買いましょう。

100均で揃います。

 

手芸屋さんや東急ハンズにもありますが、

最近は100均でもプラバン手芸コーナーがあるぐらい、

豊富に揃っています。

100均の手芸コーナーかなり充実してますよね〜

 

ちょっと大きめのダイソーやセリアに行けば、
たいていそろいます。

書くものって何そろえよう?

  • ポスカ
  • パステ
  • 油性ペン
  • 色えんぴつ

上記4点が使いやすくて、入門にはぴったり。

ちなみにパステルと色えんぴつは紙やすりが必要です。これも100均でそろいます。

 

書かない方法もあるよ

書かない方法もあります。

特に絵に自信がない方にはマスキングテープを使うのもおすすめ。

マスキングテープをマニキュア等でツヤツヤに仕上げるとチープ感も少し和らぐかも? 

マスキングテープでイヤリングを作ってみた記事には、写真をたくさん使って作り方を解説しています。

30分以内で作ることができます。その日に身に着けられます。

 

マニキュアを塗るのも。

持っているなら追加で買わなくていいですし。

100均なら安いし。

一番手軽なのはパステ

個人的には、一番手軽なのはパステルだと思います。

理由は3つあります。

  • 100均でワンセットそろう。
  • 混色ができる。
  • 指でこするだけで、なんかいい感じになる(笑)

100均でそろうなら色えんぴつも一緒。

混色のしやすさ、ボカしがしやすいのがパステルのいいところです。

絵が苦手でもなんかすごくいい感じに仕上がります。

 

同系色2色ぐらいを使って作ると、うまくいきます!

 

しかも、パステルはコーティングがいりません。

焼きあがった後に、塗れたティッシュで着色面を

しっかり拭けば、その後は手についたりしません。

 

パステルを使うときに最低限ほしいもの

パステルを使う時に、絶対に用意するものを箇条書き。

これぐらいです。はさみなどは家にあると仮定してます。

100均で買うなら、上記に加えてアクセサリー金具等で十分。

アクセサリー金具を扱うやっとこも一本あるといいかもですね。

我が家の場合、母の手芸道具にあったので借りていました。

f:id:suisuisuizoo:20171005142929j:plain

プラバンとパステルに加えて、アクセサリー金具にチェコビーズ。

左右で使うビーズを変えてみるのもお好みで〜。

平たく伸ばさず、ペンに巻きつけて立体的な形にしました。

f:id:suisuisuizoo:20171005143155j:plain

プラバン、パステル、アクセサリー金具にチェコビーズとプラビーズ。

あら目の紙やすりを使ったので、透明感があります。

プラバンをくっつけたのは接着剤。

 

ちなみにこの立体の三角のプラバンアクセサリーは、本に作り方が載っています。

型紙も載っています。

数年前に掲載していただきました。ありがたや。

この表紙に載っているやつは、上記の写真のやつです。

他の作家さんの作品も載っているし、私の他の作品の型紙等も載っているので、よければぜひ〜\(^o^)/

 

なくてもいいもの

  • レジン
  • ピンセット
  • 水性ニス

レジンとプラバンのキレイな作品をたくさん見かけます。

でもレジンって扱いが難しいので、最初は手を出さずに

まずは普通のプラバンでいろいろ作ってみてから、

それでも興味が分けばレジンをやってみたほうが良いのかな〜と思います。

まずはシンプルにやってみるのがおすすめです。

 

ピンセットは、極端に小さなものって作らないのであれば必要ないです。

 

水性ニスがおすすめ!!という記事を書いておきながら、

自分で試しに作って見るぐらいなら、水性ニスはいらないと思います。

油性ペンも最初からそんなに取れるわけではないので。

 

すごくお気に入りのものが出来上がって

長く使いたいから油性ペンが取れないようにしたいとか、

販売するのできちんとしたものを作りたいというのであれば、

水性ニスはとってもおすすめです。

水性ニスの使い方と失敗しないコツをまとめています。

www.suisuisuizoo.com

 

デザインに困ったら・・・

一冊、本を買ってみるのをおすすめします。

ナナアクヤさんの本が、シンプルで華やかで分かりやすいと思います。

私も最初ナナアクヤさんの本を読んで勉強しました。

福家さんのデザインもコロっとしていてかわいい。

どこか素朴で温かい感じがすてき。

参考になる記事

焼き方編

www.suisuisuizoo.com

画材編

www.suisuisuizoo.com

www.suisuisuizoo.com

花プラバン編

www.suisuisuizoo.com

 

www.suisuisuizoo.com

 

失敗を減らすために気をつけること

www.suisuisuizoo.com

www.suisuisuizoo.com

 

まとめ

  • プラバンと書くものがあればどうにかなる。
  • まずはシンプルにやってみよう。
  • 道具は少しづつ揃えよう。
  • デザインに困ったら一冊本を用意してみても。
  • 焼き方とか、その他のコツはぜひこのサイトを参考にしてみてくださいm(_ _)m