suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

細長いプラバンを焼くときのコツと、くっついた時の直し方。

スポンサーリンク

今日も今日とて、プラバン。

細長いプラバンを焼く時のコツや直し方をまとめてみます。

プラバンで指輪や、細長いパーツを作る時の参考になれば幸いです。

細長いプラバンが丸くくっついてしまう。

細長いプラバンは、失敗しやすいです。

 

プラバンは縮む時に、箇所によって縮むスピードが違うため、加熱している時は、その違いにより歪みます。

そのため、あのようにぐにゃーんと徐々に縮まっていくのです。

全体が縮めば、たいらになりますよね。

 

細長いプラバンでちょっと不思議でモードっぽいイヤリングを作ろうと思っていたら、見事に縮まりました。特に小さなパーツを作ろうとすると失敗しやすいんですよね・・・。

 

f:id:suisuisuizoo:20170922011519j:plain

プレッツェルみたい!

こんな風に丸まってしまったという方は多いと思うのです。

 

対処法

失敗しない対処法|アルミホイルを使う。

そもそも失敗しないのが、時間のロスもなくていいですよね。

 

加熱する時に工夫をしてみましょう。

プラバンを焼く時に、アルミホイルで優しくサンドイッチした状態で加熱します。

そうすればアルミホイルの重みで、丸まってくっついてしまうことがありません。

クッキングシートじゃだめ?

クッキングシートでもいいのですが、私はクッキングシートは使いません。

なぜなら、トースターでプラバンを焼く時に使っていたら発火してしまったからです。

 

それは、庫内の温度が高くなりすぎたのが原因ですが、

そもそもクッキングシートは紙です。

 

紙は200度を超えると自然発火する可能性があります。

何よりも安全第一!

 

オーブンレンジと違って、庫内の温度を管理できないトースターは知らないうちに温度が上がりがちです。

 

一度オーブンの庫内で自然発火してからは、燃えてしまう可能性のある紙は使用していません。 

失敗した時の対処法|すぐに直す。

丸まった瞬間に、引き離します。

2〜3度くっついては離す、くっついては離すをしていたら、綺麗に縮んでくれます。

f:id:suisuisuizoo:20170922011648j:plain

上の少しカーブの付いているものは、何度も離したものですが、くっついた形跡はありません。表面はとてもきれいです。

 

f:id:suisuisuizoo:20170922011702j:plain

こちらも何度もくっついては離す作業を繰り返したものです。

 

使うプラバンは厚みがある方が丸まりにくかった。

今回、0.4mmと0.2mmでやってみたのですが、

0.4mmでやった方が丸まり方が穏やかでくっつきにくかったです。

もし作品的に可能であれば、0.4mmのプラバンの方が作業がしやすいと思います。

大判で大容量(B4で4枚)なのも嬉しい。

0.4mmはこんなこともできちゃう

0.4mmのプラバンが最近のお気に入りなのですが、0.4mmだとこんなこともできちゃう。

おもしろい。

透明の温めたプラバンを左右にねじるだけ。

f:id:suisuisuizoo:20170922012421j:plain

 モビールとかに使ってみたいパーツ。