suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

立体プラバン|大人でも使いやすいリボンのヘアアクセサリー

スポンサーリンク

ずーっと気になっていた立体プラバンを作ってみました。

リボンを折りたたんだような形です。

しかも透明感とハンドメイド感があってお気に入りです。

作り方はシンプルですが、結構手間がかかるのです(^_^;)

バランスが難しい。待ち時間が長い。という手間のかかり方です。

 

立体プラバン、見ていて飽きないです。

簡単に作り方を紹介します。

材料と道具

たったこんだけです。しかも絵もうまくなくてもいいんです。

材料

  • プラバン0.2mm
  • UVレジン
  • ヘアコーム金具

道具

  • アクリル絵の具
  • UVランプ
  • 紙やすり

水彩風にプラバンを着色

f:id:suisuisuizoo:20171106151316j:plain

紙やすりを全体にかけた後に、アクリル絵の具で着色しまーす!

 

水7絵の具3ぐらいで溶いて、プラバンに点やら線を描きます。

縮んでしまうので、空白があっても意外といい感じに仕上がりました。

まだ乾いていないうちに、ゴールドを重ねると、

ぼや〜んと滲んでとってもきれいなんです。

 

キラキラキラキラ〜と他の色と滲んでゆく様子は

何度で見てもテンション上がります。楽しい。

 

春っぽい色合いですが、セーターとの組み合わせも悪くないんですよ。

新緑が芽吹いて、黄色の花がポツポツと咲く感じにも、

毛糸がちくちく編まれているようにも見える。気がします。 

焼いたらすぐに折りたたむ

だいたい12〜3センチ×4〜5センチに切って、焼きます。

細長すぎると、失敗しやすいですが、この長さなら大丈夫でした。

 

焼いたらすぐに折りたたみます。

今回パーツを2つ作ったのですが、

曲げ具合をだいたい同じぐらいになるように心がけました。

パーツの形は揃っているほうが並べた時におさまりがいいです。

統一感が出ます。

もし失敗したら

失敗しても大丈夫!

もう一回トースターに入れて、

温め直して柔らかくなったところでやり直せます\(^o^)/

 

やりすぎると、絵の具が若干焦げたこともあります。

焦げというほどでもないですが、一部だけ色が濃くくすみました。

なるべく一回で仕上がるよう集中してやりました!

ヘアコーム金具にセッティング

できあがったパーツをヘアコームの上にセッティング。

f:id:suisuisuizoo:20171106151932j:plain

このセッティングが難しい。指で止めておかないと滑りおちる。。。

360度いろんなところから眺めて、これで大丈夫そうだ!と決まったら、

失敗できない工程に移ります!

今のところ、仮止めする方法とか思いついていないので、

この工程が一番気を使います。失敗したら3時間ぐらい落ち込みます。

レジンで接着

接着はレジンを使いました。

表から透けるので、黄変しにくいレジンを使います。

今回は清原レジン

最近黄変しにくいレジンがでました。星の雫といいます。

キヨハラレジンを買ったばかりなので、

なくなったら、星の雫を買ってみようと思います。

星の雫の500gならば、かなり安いです。

50gあたり約1000円〜1400円ぐらい。

手芸屋さんで買ったら50gあたり3500円ぐらいするところもあるので、ネットが最安です。

ケチらずに贅沢に使いたいので、大容量で安いのは嬉しい!

できあがり!

f:id:suisuisuizoo:20171106152750j:plain

プラバンの表面はレジンではなくて、プラバンのツヤツヤが好きです。

歪みなくツルンとした感じがたまらん。

 

使ったプラバンはタミヤです。もうずーっと使っています。

他に浮気したことはありません。

結果的に100均より安いんです、5枚入って400円台だし、大きいし。

0.2mmと0.3mmと0.4mmを用途によって使い分けてます。

つれづれ

これを記事にするか迷ったのですが、記事にしてしまいました。

もったいぶってもしょうがないですからね。

これは試作品で自分用です。

 

同じシリーズでバレッタを作って、

これまた試作品ではありますが、

10年来の友人にささやかな誕生日プレゼントとして

お嫁に出すことになりました。 

f:id:suisuisuizoo:20171109213749j:plain

試作品を誕生日プレゼントとか、申し訳ない・・・(^_^;)

まぁ、誕生日プレゼントをあげあっているわけではないので・・・。

 

バレッタはセッティングが更に大変でした。不安定極まりないのです。

 

いやでも、作りたいから作るしかない。

全ての工程が楽しいし。

 

小さい頃に、工作ばかりして暮らしていけたらいいのにな

と思っていたことをふと思い出しました。

ワクワクさんの工作番組大好きでした。

 

努力が嫌なのと、絵がそこまで上手でないので自分には向いていないと

美大や芸大に行く選択肢を早々に諦めたけど、

諦めた結果ふつうの大学に行ったから塾講師という仕事もできているし、

この形でよかったなぁと思います。