suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

簡単リメイク|手持ちアクセサリーのパターンを増やすプチハンドメイド。

スポンサーリンク

飽き性なので、手持ちのアクセサリーに少し飽きてきました。

でもせっかく買ったし、捨てるのは嫌です。

そこで、少し手を加えて印象を変えて新しいアクセサリーとして楽しんでみたら、見た目も気分も変わるし、作るのも簡単で楽しい一石二鳥。しかも、コスパもいいです。

手持ちのアクセサリーが、安く生まれ変わるし、作るのも簡単で楽しい!

手持ちアクセサリーを、簡単に少し変化を与える方法を解説します。

収納スペースの節約にもなる

とあるイベントで購入したお気に入りのアクセサリーがあります。

気に入って、よく付けています。

レジンで作られた鉱石のような形状のイヤリングです。

太陽の下で、付けていても黄変がほとんどなくて、とても重宝しています。

(若干の黄変を感じるものの、そこまで気にならないレベル。どうやって作ってるんだろう。そもそもレジンじゃないのかも?)

 

昨日のおでかけは、2つのアクセサリーが候補でした。

2つつけることはできないから、どっちにしようかなぁと迷っていたら、

一緒に、してしまえばいいんじゃないか・・・!」と思いつく。

 

手持ちの工具で、マルカンを外して装着。

このようになりました。

f:id:suisuisuizoo:20170913110225j:plain

ちょっと不思議な感じ?

 

プラバンで自作した、カーブのついた不思議なパーツをくっつけてみました。

シンプル&ふしぎを楽しむお気に入りのプラバンパーツだったのですが、耳たぶところが寂しくて、お気に入りのアクセサリーとドッキングしてみたら結構いい!

 

つけるとこうなる。

f:id:suisuisuizoo:20170913110445j:plain

 

プラバンで作った方は、カチャカチャうるさいのが難点でしたが、こんな風につけることで、カチャカチャ音が90%減! 

音がしなくなるという、思わぬ副産物もあった、嬉しいリメイクになりました。

 

使った工具

やっとこです。

マルカンを外すために使いました。100均のでも大丈夫。

私は、先が細くて作業がしやすいアネックスのやっとこを使いました。

本当に使いやすいので、1つだけいい工具を買ってみたいなら、やっとこをおすすめしたいです。アクセサリー作りではよく使う道具です。

100均とちょっとお高めのやっとこを比較してみた記事。
購入に悩んだらぜひ読んで頂きたい。長い目で見るなら、アネックスはおすすめです。

しかも、手芸屋さんでもよく見るから、お店の人も使いやすいと考えていると思う。

www.suisuisuizoo.com

あったら便利な道具。

指カンは親指につけると、マルカンの扱いがすごく楽になる。

 

なくても、爪で挟めばどうにかなるけど、爪や指にかかる負担は増えるので、よくハンドメイドするなら欲しい。格段に爪や指の負担は減ります。

負担がどれくらい違うかというと、私の感覚値で10倍ぐらい。すぐ、指痛くなる(笑)

100円で楽になります。安いもんだ。

私は何かの福袋に入っていました。

最初、何する道具かよく分からないまま工具入れに眠っていました(笑)

どの部分にパーツをつけるのか?

パーツをつける部分なのですが、イヤリング金具のU字になっている部分です。

一見、太そうに見えるけど、厚さがあまりないので小さなマルカンでも、大丈夫

マルカンが大きければ、工具がなくてもパーツの着脱可能。

マルカンを目立たせたくないので、私は今後も工具を使って取り付けます。

f:id:suisuisuizoo:20170913110016j:plain

ちなみに、付け替えにかかった時間は1〜2分。

はずして、つける。これだけです。

お出かけ前の準備で十分対応できます。

もっとも、どのパーツやアクセサリーと組み合わせるかで悩むかもしれないけど、その時間は入っていません(笑) 

パーツあれこれ

パーツを市販品同士を合わせるのも、自作してしまうのもそれぞれ楽しみがあります。

リメイクを前提にすれば、買い物に新たな価値観が生まれる。

市販のものって、ちょっとここが嫌だとか、色が惜しい!とかいろいろあって、

なかなか買うことが少ないです。(それがきっかけで自分で作りはじめました。)

 

組み合わせて、自分オリジナルのアクセサリーにしようと思えば、

アクセサリーの一部が気に入ったら買えるので、お気に入りのアクセサリーを探しやすくなります。

工具で部品が外せるタイプなら、ピアスでも買えるのも嬉しい。

最近、3coinsなどの雑貨屋さんでは、低価格でいろんな種類のアクセサリーが買えます。

 

高いけど、欲しい!と思ってるものは、いつもなら躊躇しがちですが、たくさんのアレンジが楽しめるなら安く感じて買えます。

買い物の楽しみが増えるのが、リメイクの利点でもあります。

 

自分でパーツを作るプチハンドメイド。

ハンドメイドって、工具を揃えたり、ビーズや布を買ったりと初期投資が結構高くつきます。

なんやかんやで数千円。

私はこの数年で、工具や材料、道具などで数万円は使っています。

お金が意外とかかります。一度の出費はそんなに多くないので、そんなに使っている気がしないのが怖いところ(笑)

 

市販品に組み合わせるパーツのみ作るのであれば、数百円でいろんな種類を作れます

ハンドメイドをちょっと楽しみたい方にもおすすめです。

プラバンでパーツを作るなら、最低400円。

例えば、今回私が使ったプラバンのパーツを作るとしたら、材料は最低4つ。

下記に上げた意外は、家にあるもので大丈夫なはず。はさみとかね。

  • プラバン(100均でOK。)
  • パステル1色(100均でセット売りしています。色えんぴつでも可能。)
  • マルカン(100均でOK。)
  • やっとこ(100均でOK。)

家にトースターがあれば、プラバンは縮められるので、最低400円で何種類かパーツを作ることができます。

ビーズでパーツを作るなら、最低300円。

コットンパールとか、デザインビーズを使ってパーツを作るなら。

  • Tピン(100均でOK。)
  • ビーズ類(あれば100均でもOK、手芸店でも100円前後である。)
  • やっとこ(100均でOK。)

この3つで作ることができます。

手芸店でビーズをみてしまったら、1種類だけを買うことはできないと思いますが・・・(笑)

ビーズを選ぶのは、とても楽しい。

まとめ:省スペースなのに、アクセサリーの種類が増えた気分。

付け替えるだけで、雰囲気が変わります。

手持ちのアクセサリーを組み合わせた場合は、新たなアクセサリーを買ったわけじゃないので、収納スペースは増えないしお金もかからない

  • 最低0円で、新しいアクセサリーを作成可能。
  • 工具はあったら便利。
  • パーツ作りも楽しいよ。
  • 買物する時は、組み合わせを考えながら買うので、これも楽しい。
  • 付け替えにかかる時間は1〜2分