suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

広島風お好み焼きには、ぜひイカ天をトッピングするべし!

スポンサーリンク

広島では、週に一回はお好み焼きを食べるという人が結構います。

勤め先で、金曜日はお好み焼きの出前を取ると決めていると言う声もよく聞きます。

 

私も1週間に一度とは言わなくても、月に3回はお好み焼きを食べます。

食べる時は、週に2,3回ぐらい食べる週も・・・。

自分が食べたくて食べた時と、友人と行った店がたまたま鉄板焼きとお好み焼き屋さんだったとかそんな感じです。

 

今回は、お好み焼きと共に生きる私の定番メニューを紹介しまーす!

ぜひ広島に来た時や、広島風お好み焼き屋さんに入った時によかったら頼んでみてください\(^o^)/

お好み焼きは意外と値が張る

月に3回は食べる広島風お好み焼きですが、お店でメニューを見ると一番大きく載っているメニューは1,000円クラスのメニューが多いです。

 

おいしい組み合わせのトッピングが入っているからなのですが、

私が友人や家族とお好み焼き屋さんに行くときは、1000円クラスのメニューを頼むことはあまりありません。

 

理由は、トッピングが多すぎると量が増えすぎて、食べられないからです。。。(^_^;)

麺も半分にしてもらうこともあるぐらい、結構量があるんですよね〜。

島風お好み焼きには麺がデフォルトで入っています。最近は唐辛子が練り込まれた赤い麺に変えられるところも。

 

二人で半分にしても、お腹一杯になるぐらいの量なので、コストパフォーマンスはかなりいいと思います。

私の定番「そば玉イカ天

スタンダードな広島風お好み焼きは「肉玉そば」です。だと思っています。

キャベツに、豚肉、たまご、天かす等が入っているシンプルなお好み焼きです。

値段も安いところで、500円代、高くても700円台です。

 

ふらっと立ち寄ってカウンターで食べるものに、1,500円のお好み焼きを食べてる人はあまり見ません。

もちろんトッピングたっぷりのお好み焼きもおいしいんですけどね〜。

家族で行って、3つを4〜5人でシェアするときには、頼むこともあります。

鉄板焼きメニューもいくつか一緒に。

 

話を戻して。

私や我が家の人々は、スタンダードな広島風お好み焼き「肉玉そば」に、イカ天をトッピングして、そば玉イカ天と注文します。10回行けば9回ぐらい。
だいたいどの店舗でもこれで通じます。

 

このそば玉イカ天に、気分によって「ネギ」「大葉」をトッピングします。

チーズもよく聞くトッピングですが、重たくなってしまうので、

誰かと1つをシェアする時に、相手が希望すればトッピングすることもある程度。

 

これは千田町にある電光石火のそば玉イカ天のネギトッピング。

f:id:suisuisuizoo:20171001221021j:plain

電光石火のお好み焼きはまんまるく可愛らしいフォルムです。
ぜひカウンターで調理過程も見て欲しい!

 

小さく見えますか?

見た目と違って、結構量あります。

見た目が小さく見えるので、足りないかもと思いましたが4分の3を過ぎた頃から、

ズシンと満腹感がやってきます(笑)

麺がもっちりしているのも、電光石火の特徴。

鉄板焼きで頼むのは、「コウネ」

コウネは牛肉の部位の名前です。コーネとも。

希少部位と言われていて、1頭から2キロほどしか取れないそう。

見た目は油が多めなように見えます。まぁ油っぽさは感じますが、

薄いのに歯ごたえがあるのもおもしろい。

我が家は食感がしっかりしたものが好きなので、コウネの他にタンの厚切りなどを頼むことが多いです。

 

お好み焼きと共に鉄板焼きメニュー、おすすめです!

広島の地元愛がすごい

いろんなところに旅行に行く度に思います。

  

私は、元々小さい頃に愛媛に住んでいて、今でも数年に一度、祖父母宅のある愛媛は松山に行っています。
滞在する時は1週間ぐらい居ることが多いので、地元の人と話したりすることもあります。

 

大学時代や社会人になってからも県外から来広した方々からは、

カープ愛、地元愛すごいねという声をよく聞きます。

 

そして、こんなにお好み焼きを食べることに驚くそう。

 

飽きない?と聞かれますが、飽きません(笑)

まとめ

  • 定番メニューは肉玉そば。
  • 私の定番トッピングはイカ天」。
  • おすすめの鉄板焼きは「コウネ」

広島に来た時、広島風お好み焼き屋さんに入った時に
よかったら頼んでみてください\(^o^)/