suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

1週間、周囲の人にいろいろ話を聞いた結果coincheck始めてみた。

スポンサーリンク

お金が最近おもしろくなってきたと思います。

今まで、「お金」にあまり興味がなくて、どちらかと言えば「時間」がたくさんあることの方が価値があると思っていました。

数ヶ月前から、「お金」っておもしろいんじゃないかと、やっと「お金の価値」に気づき、お金のことを調べはじめました。

私のなかでお金は下記の3種類に分けられます。

  1. 働いてやってくる「お金」
  2. 工夫して財布の入り口を狭くして結果的に手元に多めに残る「お金」
  3. 「お金」が連れてくる「お金」

1番はもう別にいいとして、3番のお金に着手しはじめた結果coincheckをはじめました。2番はあんまり好きじゃない。節約のために気に入らないものを使うぐらいなら、いっそ使うことをやめるようにしています。

仮想通貨は買ってみないとおもしろくない。

仮想通貨とは発行主体の存在しない、今までのお金と異なる性質を持つお金です。

仮想通貨といえば、ビットコインが有名ですが、LISKとかリップルコインとかいろいろある。調べてみるとたくさんある。

実体がないから本当にゲームの世界みたいなんですよね。

調べるうちに、仮想通貨ごとにいろんな特徴があっておもしろい。

 

で、銀行口座にただ置いているだけのお金があるのですが、

それを運用してみようと1ヶ月ほど前からお金の勉強をしはじめました。

 

↓投資とか運用って苦手だったので、まずはとっても簡単でつるっと読める本を選んでみた話。

シンプルで低コストの投資を知るために最初に読む本。 - suisuisuizoo

 

ゲームはやってみないとおもしろくない。

数年前、イギリスのブックメーカーを使って賭けながらテニス観戦をしていた時、とてもおもしろかったんですよね。

 

日本国内からやるのが違法になるということでやめてしまったのですが、

賭けてテニスを見るのと、賭けずに見るのではおもしろさが違う。

 

勉強がおもしろくなったのも勉強で自分の人生がちょっと変わるかも?って思えた中学生ぐらいの頃でした。

 

そんな感じで、仮想通貨始めることにしました。

 

一番よく聞いたのがcoincheckだった。 

夏の終わりというのはなぜか飲み会が多いです。一年中か。

 

そこで、仮想通貨ってどうなんですか?といろんな人に話を聞いてみました。

株を学んでいる国立大学の工学部生、ゲーム開発が趣味の大学生、教育業界の若い社長さん、教師など。

わからないからまだやらない。

わからないからこそ、今からやる。

マイニングは自分で作った方がはやい!

うまく行っているときこそ、新しいことに挑戦する!それがたまたま仮想通貨だった。

いろいろ意見が聞けます。飲み会の話のネタにいいかも。

 

その時に、仮想通貨ってどこでやるのがいいの?って聞いてみるとcoincheckがいいよって言うのです。

 

実際に使っている方に、スマホで画面を見せてもらって、手数料などの話を聞き、使いやすそうだったのでとりあえず登録してみました。

 

また投資してみた結果等、レビューします。

 

友人のならさんの臨場感ある記事。こういう臨場感、いいなぁ。

www.daisssukeeee.com

 

コインチェックの詳細はこちらから。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

本人確認書類の確認、1時間以内で完了。

インチェックには本人確認書類が必要です。免許証の両面IDセルフィーのデータを提出します。

IDセルフィーとは免許証を手に持って自撮り(セルフィー)することです。

初めてのケースだけど、確かに免許証だけだと本人じゃなくても送れてしまうなぁと思っていました。

自撮りをする時、免許証にピントを合わせるのがちょっとむずかしい。

免許証を口に加えてiPhoneの画面の免許証をタップして、ピント合わせておくとうまくいきました。

 

本人確認書類はデータで提出したのが夕方頃。1時間もしないうちにメールで確認完了メールが届きました。

郵便書留が届いたのは2日後。郵便書留が届く前には入金が出来たので、本当にすぐに登録して仮想通貨の購入をすることができました。