suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

1分でカタマリ冷凍たらこを生のまま解凍。ズボラのきまぐれ明太子パスタソース

スポンサーリンク

どうも、ズボラっちょです。

今日は、いつも作っている簡単すぎる明太子パスタを紹介します。

弟が休日には「アレ作って」とか言ってくるので、

たぶんおいしいんだと思います。

 

楽しておいしい明太パスタ食べたい。

実は市販のパスタソースがあまり好きではない。

なんか好きじゃない。

でも、クリーム系の明太子パスタソースは食べたい。

そして、できるだけ楽したい。洗い物も最小限がいい。

おいしくって楽で、失敗しづらい、しかも早くできる。

いつもの明太子パスタを大公開します。

(そんな大したものではないのだけど)

 

材料

・パスタ

大容量でお安いトップバリュー。

・冷凍めんたいこ

バラ明太子が皮もなくて便利。

・牛乳かバターかマーガリン

・適当な調味料

今日は、昆布茶とコショウとマヨネーズを使用。

その日のノリ(舌)と相談してテキトーにぱっぱっぱっ。

 

あれ?混ぜるしかやってなくない?と思ってしまう作り方

明太子解凍

早速、混ぜない工程。(笑)

バラ明太子便利。

お皿に移して、レンジでチンするだけ。

f:id:suisuisuizoo:20170610132241j:plain

 

楽したいけど、おいしいものは食べたい。

火を通していない明太子がすきなので、

楽に火を通さずしかも早く解凍する術を模索していたら、

たどりついた。念ずれば花ひらく的な? 違うか。

 

それは「200ワットで1分チン」で加熱せずに解凍。

このSHARPの電子レンジなら「出力切替レンジ」というボタンを3回ぐらいおしたら200wになる。

解凍ボタンより、早く解凍できるズボラ技。

しかも加熱されない生具合。

200wをフル活用したズボラ茶碗蒸しの作り方

f:id:suisuisuizoo:20170610132353j:plain

 

パスタ茹でる

その間に、沸騰した湯に塩入れて、パスタを茹でる。

量が多すぎた気がするけど、ま、いっか!

二人分で250g。

 

二人分っていうと、あら?彼氏か?旦那か?と思われるかもしれないけど、

決して彼氏でも旦那でもない。弟と私の分。

(母が2日に1回は結婚しないのかと聞いてくるけど、スルースキルだけはあがっていく。結婚ね〜、なにそれおいしいの。おいしいものなら大歓迎。)

f:id:suisuisuizoo:20170610133159j:plain

 

フィーリング味付け

その日の気分で味を変化させられるのが自宅ごはんのいいところ。

本日のズボラっちょきまぐれパスタの味付けは、

牛乳、マヨネーズ、昆布茶、コショウ、しょうゆでいこう。

ついついスパイスを入れたくなる衝動を抑える。

みぎてがあああ。ミギー落ち着いて!

大好きなマジカルスパイスを入れようとしたけど今回はすんでのところで回避。

f:id:suisuisuizoo:20170610132626j:plain

 

まぜる

本日のメイン工程。混ぜる。

食べる時に使う予定のフォークでかっしゃかっしゃ。

f:id:suisuisuizoo:20170610132832j:plain

 

オリーブオイルを入れたくなる。

いつもはバターを使っているので、

オイル感が足りないと思ったのかもしれない。どぼぼぼー。

f:id:suisuisuizoo:20170610132934j:plain

 

盛り付けもズボラ精神を忘れない

和えるのってめんどくさい。

今日は寝起きでめんどくささに拍車がかかっているので、

ソースはのせるだけだ! すまぬ弟!

混ぜるアトラクション付きのパスタだと思って食べてもらう予定。f:id:suisuisuizoo:20170610133325j:plain

 

一応、きざみのりとか、ねぎとか散らしてみる。

ねぎも抜かりなく冷凍きざみねぎ

f:id:suisuisuizoo:20170610133356j:plain

お皿反対で写真撮ってる(笑)

ま、いっか! 

今日のズボラ技

解凍ボタンよりも200wで1分チンを活用する。

 

レンジの解凍ボタンってすごく時間かかる割には、

解凍できてなくて、イライラの原因だった。

200wで1分チンドリップも出にくかった。(今回の明太子に限っては)

他の食材では試してないけど、ズボラ技を磨くためにまた試してみます。

 

レンジの200wを活用した簡単すぎる茶碗蒸しの作り方の記事も書きました。

今日の夕飯にいかがでしょう。

www.suisuisuizoo.com