suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

壊れにくい立体絵本〜大人も楽しめて長く使ってもらえそうな絵本をプレゼントしました〜

スポンサーリンク

大学のともだちに大学卒業以来会ってきました。

いつのまにやら赤ちゃんが生まれていた!

赤ちゃんへのおみやげにはいつも絵本なんだけど、

今回の絵本、一目惚れでいい感じでした。

赤様には絵本

赤ちゃん。

見てるだけで癒やされて、

また少し触るだけ、抱っこするだけで幸せな気持ちに包まれる

ふしぎなこの世界の新しき住人たち。

また、そんな幸せをおすそ分けしてくれる両親s(ともだち)にも感謝。

今回も幸せ成分大大放出してきました。

幸せ成分のお返しというわけではないですけど、

お近づきの印として、赤様にはたいてい絵本をプレゼントしています。

今回、選んだのはかがみのえほん

この2冊のセット。 

ふしぎな にじ かがみのえほん (福音館の単行本)  きょうの おやつは かがみのえほん (福音館の単行本)

 

 

立体的なのに平面の絵本で長持ち

立体絵本ってワクワクするし、いいな〜と思っていたけど、

赤ちゃんだとわけわからず破ってしまいそうなので、

手が出しづらいですが、この本はページが半分かがみになっていて、

90度に開くと鏡に絵が映って立体的に見えるのです。

あと、わたしも楽しかった!ということは、

きっと親である大人も楽しめる(はず)の絵本。

 

作家さんのインタビュー記事があった。
絵本ができるまでのお話がおもしろい。 

www.ehonnavi.net

 

鏡のなかの自分を自分と認識できるのは1才半〜2才ごろらしいですが、
それ以前の月齢でも鏡のなかの自分に興味を持って眺めたりするのだそう。

年齢が進むに連れて、見え方を観察したり、考えてもらえるので、
長く楽しめる本だと思います。

大人のわたしでさえも、色んな角度から見る、細部を見る、全体を見る。
もう一度最初から見る。と繰り返し楽しみました。
感覚が日々育ってゆく赤ちゃんなら、長い時間をかけていろんなことに気づいていくでしょう。

かがみえほんをおすすめする理由

・しっかりした作りで壊れにくい。

・大人(両親)も楽しい。

・長い間楽しめそう

 

もし赤ちゃんへのプレゼントや絵本のプレゼントに困ったら、
かがみのえほん、おすすめです。
1才以上の子どものプレゼントにもいいかも。