suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

「成長」と「無私」

スポンサーリンク

ふと振り返った時に、「成長」という言葉に対する

捉え方が変わっていることに気づきました。

 

数年前は、「成長したくないの?」と聞かれると、

「成長なんか全然したくない。今のままでいい。」と本気で思っていました。

 

今は、守りたいもの、身につけたいもの、脱ぎ捨てたいものを

判別できるようになってからは、「成長」という言葉に対する捉え方が肯定的になりました。

自分を今のままでいいと思うことと、成長することがうまく融合させられている感覚です。

 

そういえば、最近、「人間の本質」という本を読みました。

 

人間の本質

人間の本質

 

 

お坊さんの本山博さんと京セラの稲盛和夫さんの対談本です。

 

そのなかで、「無私」について書かれているページがあります。

 

自分の私利私欲を無くして、今この瞬間を全てその人のため、自分以外のために

心も時間も費やし、そうすることで結果は自ずとついてくる、

人も自分も驚くような功績がついてくる。

 

そうやって取り組むことで、知恵が湧いてくる。

そんなようなことが書かれてありました。

 

数年前、無私という言葉を知った時、

寝食惜しんで自分を無くし、人のためだけを思って働くことだと思っていました。

そんな神様みたいなことわたしには出来ない。

 

頭の片隅に、損得勘定がある状態は、本気の仕事ではないのだなと感じました。

損得勘定というか、自分を手放すと、いとも簡単に丁度良いタイミングで

知恵が湧いてきて、アイデアがひらめきます。

本当に驚きました。

 

何より、そういうふうに仕事に取り組めることの幸福感は

以前の何倍にもなることも感じました。

 

そういうふうに、これから出会ういろんなことに

接することができたらいいのになあ。