suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

葉がゆれて、枝もしなり、わたしは駆ける。

スポンサーリンク

ひらるひらる。

葉が揺れる。枝もしなる。

鼻腔をくすぐる香りは十中八九、秋。

鼻毛もふぁっさふぁさ。

秋が深まって、冬めいてくる時間の流れが

連れてくる、寂しさが耐えられなかった。

夏の感情と秋の実りを連れてかないでー、みたいに。

今は、そんなことない。

冬の深まり。

気持ちの張りつめる瞬間は、

春への準備という感じを強く想像してしまって、

冬の深まりはそのまま春への期待に継ぎ目なくつながる。

秋も、冬も、春も好き。

 

最近、走れてない。

走ると、明らかに以前より苦しくなく長く走れるから、

自分のなかの頑張ってる確かなもの(主に心肺機能)を体感できて、

すっきり爽快になるもの。

ただのすっきり感。

分かりやすいほどに動物的欲求に支配されている。