suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

白くて細くて、おいしいの。

スポンサーリンク

そうめんが食べたい。

芯まで白いのを思わせるような、

透明感をたたえた白くて細い麺。

沸騰した湯にバラバラと投入し、ものの数分で金ざるにあげ、

氷水と流水で冷やす。

そして、冷蔵庫から冷やしたつゆを連れてくる。

ひとりで食べるときはめんどくさいので、

そうめんを入れた器に、つゆをまわしかける。

さあさ、箸を右手に握り、器を左手にちゃぶ台の前に移動。

腰をおろすかおろさないか、器をテーブルに置くか置かないか、

一気に、ずるずるごっくんと胃におさめてゆく。

ひと息に食べたら、天井を仰ぎ見て大きく息をはく。

そのまま、組んだ足を解放し、ごろりと仰向けになったら、大の字。

胃を満たす白く細い麺の戯れに、満腹の幸せに浸るのだった。

 

先週、小豆島に行ってきて、

寒霞渓のロープーウェイを登った所で

食べたそうめんが本当においしくて。

あんなおいしいそうめんを私は初めて食べた。