suisuisuizoo

プラバンアクセサリーづくりと、日常の様子をせっせと。

妄想旅行は止まらない

スポンサーリンク

あぁ地下鉄乗りたいなあ〜。

会社員時代に一番楽しかったのも、

この前まで早朝勤務のバイトで一番楽しかったのも

地下鉄に揺られることだったなあ。

 

南北線とか、丸の内線が特にいい。

辛い時、悲しい時、少しうれしい時に

いつも使っていた東急目黒線もふと乗りたくなる。

そんで横浜中華街方面にふらりと行くんだ。桃まんじゅうを食べるために。

妄想旅行は止まらない。

 

そういえば先日、山に登りに行った時。

広島名物(?)路面電車に乗ろうと、

電停にて電車を待っていた。

そしたら、見知らぬおばさまが、話しかけてこられた。

なんと私の半ば気が触れたような服装を褒めてくださったのだ。

髪は半分金髪にカラフルなナイロンパーカーを羽織り、

ブルーの短パンにカラフルなスニーカーを身につけ、390円のサングラスを身につけたちんちくりんを褒めてくださったのだ。

おばさまにも明るい(うるさい)服装をすすめた。

「何いってんのよー。わたしみたいなおばさんはだめよ。」

「気持ちもなんか元気になりますし、おすすめですよ〜」

「わたしなんて、さっき黒いズボン買っちゃったわよ。あなた学生さん?」

「・・・いえ、25です。ニートです。山登りに行くんです。」

「・・青春じゃないの〜。いいわねえ」

「(・・・ニートですみません)」

 

↓山登りの写真。

ロープウェイ乗り場を尻目に山頂まで自分の足で登った。

ところどころに、「歩いて◯分、ときどき走って◯分」という

案内板がある。道が険しくなると「ときどき走って」の表示がなくなる。

私たちはこの道を右方向に歩いていき、階段地獄に涙しました。

f:id:suisuisuizoo:20130411131638j:plain

↓(でっかくなりすぎた。まあいいや、めんどくさいからこのままで)

山頂にて。

やっぱり山頂で食べるおにぎりはおいしい。

山頂の風を受けてエアリーなわたし。

f:id:suisuisuizoo:20130414142010j:plain